読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、セチガラ山より。

- boobyn's blog - boobyn とか ブービン とか 津田啓夢 とか Hiromu Tsuda な人のアレ

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』とにかくブリジット、良かったね!

映画関連

人気のラブコメ『ブリット・ジョーンズの日記』も本作で3作目、とはいえ11年ぶり?ぐらい間を開けての3作目。さすがにブリジットも年をとりました。それでも笑って笑ってハッピーになれるラブコメのお手本のような作品なのは変わらず、面白かったですよ。

f:id:boobyn:20161103151702j:plain

ブリジットは出版社勤務にするアラサー独身女。一言多い口が災いしまくりの独身こじらせ屋で、タバコと酒を断ちダイエットをしてステキな恋人に巡り会うため、日記をつけることに。1作目と2作目は堅物弁護士のマークと、上司で浮気性のダニエルの間でてんやわんやのブリジット。というのが、これまでのあらすじ。

3作目となる本作では43才になっているブリジット。相変わらずの独身女で、残念ながらすっかり枯れてしまっています。

別れたマークとダニエルの葬儀で久々に再会するも、マークには妻が。昔の男に醜態を晒したくないブリジットは、たまたま隣にいた男性が恋人であるかのように振る舞うなど相変わらずの場当たり主義者。

ところがひょんな冒険で関係をもった米国人のジャックが登場すると、三角関係のはじまりはじまり!やっぱりブリジットはてんやわんやになるのです。

それにしてもよく3作目が完成したなと。なにせ弁護士マーク役のコリン・ファースは『シングルマン』や『英国王のスピーチ』『キングスマン』と、いまや押しも押されもせぬ大俳優です。もうマークはやらないんだろうなぁと勝手に思ってましたが、よかったよかった♪

かつてブリジットに共感した世の女性たちは10年の歳月を経て、結婚したり子供がいたり、もしかすると何も変わらなかったりするはず。

最新作は誰もがクスクス笑いながら楽しんであっという間に時間が過ぎる、そんな映画でした。エンドロールの最後の最後までちゃんと観ることをオススメします。

bridget-jones.jp
boobyn.hateblo.jp

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]

ブリジット・ジョーンズの日記 (角川文庫)

ブリジット・ジョーンズの日記 (角川文庫)

映画『お元気ですか?』、アナタは大切なひとを失いましたか?

どうすかー?と声かけられ、渋谷のユーロスペースでレイト公開中の映画『お元気ですか?』を観てきました。結論を一言で言うとこの作品、身近なひとを失ったことがあるなら、きっと誰しも感じた感情を揺さぶる物語です。ネタバレなしでお伝えします。

 

f:id:boobyn:20161019232845j:image

旅先から次々と電話をかける冴子。お世話になった職場の店長、学生時代の恩師、往年の悪友、付き合いのない姉、仲良しのママ友、看護師、弁護士、かつての恋人、義理の両親。

 

電話相手とのやりとりは様々で、感謝だったり謝罪だったり、ときに事務的なものだったり。物語はそうした音声コミュニケーションを中心に、次第に冴子の身に起こったことを紡いでいきます。

 

人殺しの映画監督、室賀厚が手がけた初のヒューマンドラマは、言葉の力に直球で挑んだものでした。お元気ですか? タイトルそのままなんですけど、その言霊のエネルギーはとても強力なんだと改めて思います。

 

物語は後半のために存在し、それはどうしたって僕らはなんで生きてんだ? 死んでんだ?ってところに行き着きます。けれど、それは言霊に救われんだ。冴子も俺もやっぱ救われんだ!  

 

f:id:boobyn:20161020011505j:image

 

低予算と思われる作品ですが、ギュッとまとめて心をギュッと掴まれます。主演は、櫻の園宮澤美保。女子の「あの頃」を抽出した吉沢秋生の原作を、中原俊が余すことなく映像化した日本映画の女子友情群像劇の金字塔、櫻の園のあのハツラツとしたアイツですよ!

 

脇を固める俳優陣も個性派ぞろいの本作。一見すると地味な日本映画風なんですけどそうじゃない。なんかね、こういう作り手のエネルギーのかたまりがちゃんと見える日本映画、止めちゃだめだと思うんだ、マジで。

 

てなわけで、サブカルお馴染みユーロスペースのレイトですけど、みんなに見てもらいたいなと思いました。

 

マスゴミおじさん、室賀監督にいろいろインタビューしたい気持ちでいっぱい。まだ、気持ちがホカホカしてる!上映期間タイトなのでご注意を。

 

映画「お元気ですか?」公式サイト

 

 

 

 

 

芸術の秋、トーマス・ルフ展でアート脳。僕らの見ている景色の先を感じてみる

雑記

https://www.instagram.com/p/BLYUti6gNE6/

先日、トーマス・ルフ展に行ってきました。日本ではそれほど人気のあるアーティストではないと思っていたのですが、結構混んでましたよ。

Thomas Ruff

ルフはジャーマンアート界隈の重鎮、ベッヒャー夫妻の教えを受けたいわゆるベッヒャー派の1人です。デュッセルドルフアカデミーの一味。

 

日本のアート界隈では情熱的な写真家が好まれる傾向にある気がします。そのため、客観的に捉えることで本質的な構造や要素を浮かび上がらせる、ベッヒャーの教え子たちはピンとこない人が多いのかも?と、思ってました。ところが混雑ぶりからすると、そうでもないみたいですな。 

 

Typologies of Industrial Buildings (MIT Press)

Typologies of Industrial Buildings (MIT Press)

 

 

ルフの作品をまとめて観たのは初めてでした。ベッヒャー軍団らしいタイポロジー以外にも、実験的な試みをいろいろやっていてアプローチへのこだわりのなさはゲルハルト・リヒターっぽい感じがします。

 

ちなみにタイポロジーというのは、考古学や考現学社会学や心理学、建築、芸術なんかで使われる言葉です。日本語だと類型学なんて呼びます。

 

似たようなものを集めて全体の中から浮かび上がる本質的な要素を引っこ抜く、そんなやり方です。言葉にすると学問的でかたいイメージですが、これはみんなやっていることですよね。

 

オタクと言ったらイメージするもの、何かありますよね。キャバ嬢と言ったらイメージするもの、おそらく何かあるはず。渋谷と言ったら? 沖縄と言ったら? 特徴だったり抽象的な概念だったり、それはいろいろかもしれませんが、みんな類型学してます。それをアートでやるのか、建築でやるのか、社会学でやるのかって話です。

 

オタクのことが面白いほどわかる本

オタクのことが面白いほどわかる本

 

 

やはり単発の作品より1人の人間にフォーカスした企画展は表現者のチャレンジがよくわかります。

 

ベッヒャーの教え子たちは、写真の世界というより現代美術の文脈で評価を受けています。コンセプチュアルなところが強いので、単品よりもまとまっていた方が受け取りやすいかもしれません。

 

好みをいえば、やはりトーマス・シュトゥルートの引き算の美が好きですが、ルフは手法に対し意欲的な感じがしますね。

 

そんなわけで久しぶりにアート脳させてもらってホクホク。仕事を離れて違う脳みそ使うのもまた、芸術の秋でございます。近代美術館にはシュトゥルートも収蔵されてるので、常設も要チェックですよ。

 

トーマス・シュトゥルート 心象

トーマス・シュトゥルート 心象

 
現代写真論

現代写真論

 

 

 

 

覚えておきたい、Amazonステマレビュー依頼メール

雑記

とあるところからやってきたメールなんですが、こんなに全力でステマ依頼をしてくるところは珍しいので記念に。
とりあえず、その会社が本当に送信したメールか確認してないので、名前はふせます。

Amazon


★★★★以下をつける場合には相談しなきゃいけないそうです。

すごいもんですな。そりゃAmazonも対策するよな、と。
その製品にどんな★がつくのか気になってしかたないです。

1)商品到着から7日以内に当製品のアマゾンレビュー欄へ投稿してください。
投稿が完了しましたら弊社まで投稿内容をメールしてください。

2)もし商品について重大な不具合(商品が全く機能しない等)があり満足がいかなかった場合、レビュー欄にフィードバック(4つ星以下)を書く前に弊社に直接ご連絡ください。これは参加者様にフィードバックを変えていただく為ではなく弊社の届かぬ所でのミス(例工場等でのミス)が起こりうるという事を御理解いただく為です。

3)当プログラムの製品の中にはまだテスト段階の製品も含まれており中には説明書やオリジナルの箱に入っていない場合があります。もし技術的な情報が必要な場合には弊社までご連絡ください。

4)レビュー欄には当製品についてのレビューのみをお願いしております。

5)もし当製品到着から7日経ってもレビューを書いて頂けない場合には弊社から
商品価格及び送料を請求する場合があります。もしレビューを書くのに更に時間が必要な場合はその旨を弊社までご連絡ください。

6)偏見や誤解の生むようなレビューはお控えください。

7)プログラム参加者様の全員にレビューお願いするとは限りません。プログラム参加者様の中で、興味やアマゾンでの活動を元にレビューへの参加をお願いしています。

もし上記の条件で宜しければ無料クーポンをお送りいたしますのでご連絡をお願い申し上げます。

この1冊ですべてわかる マーケティングの基本

この1冊ですべてわかる マーケティングの基本

映画『ゴー!ゴー!若大将』

ゴー! ゴー! 若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]

さすがに大学生役は辛かろう、という頃の若大将シリーズ。この次のリオの若大将から社会人の設定になったそうです。物語は毎度お馴染み、お馴染みのメンツがお馴染みの役回りで楽しませてくれます。なのに、楽しいんだよなぁ。

 

 

映画『探偵なふたり』

探偵なふたり [Blu-ray]

クォン・サンウとソン・ドンイルのバディムービー。クォン・サンウが推理オタクの漫画喫茶の店主、ソン・ドンイルが左遷されたベテラン刑事となって事件を究明していく、という筋書きでした。劇中登場しまくる妻が物語に流れを作っている感じで、クスッとしながら楽しめます。

 

 

 

 

殺人の追憶 [Blu-ray]

殺人の追憶 [Blu-ray]

 

 

 

探偵なふたり [Blu-ray]
 

 

 

 

 

 

映画『探偵ホン・ギルドン』、この寄せ集め感嫌いになれませんでした

探偵ホン・ギルドン [DVD]

 

ホン・ギルドンと言えば、朝鮮半島では知らない人のいないヒーローの名前なんだとか。韓国最古の小説に出てくる義賊の名前で、日本における「山田太郎」のように記入例になることもあるそうです。

 

しかも「ホン・ギルドンのように」と言った場合、神出鬼没と言った意味合いになり、いわゆるゲリラライブをホン・ギルドンライブと言うことも。

 

以上、受け売り終わり。そんな情報がWikipediaにありましたが、本当かどうかは知りませんよ。

 

とはいえ、ホン・ギルドンの名がついた物語がたくさんあるのも事実。ヒーローの名前として認知されているんでしょう。

 

そんな本作は今年わずか一週間だけ公開されたのち、早くもTSUTAYAに並んでいた急ぎ働き的な作品。もしかするとスティーブン・セガール作品のような、Vシネと映画の中間ぐらいの作品なのかもしれません。

 

物語は探偵ホン・ギルドンが因縁の相手をようやく見つけるものの、一足先に身柄を横取りされたところから始まり、謎を探りながら探し出すというもの。

 

いろいろな映画の雰囲気を感じる映画で、ドンパチにコミカルな要素を入れるのはタランティーノのようだし、おどろおどろしい色はブレードなどヴァンパイア作品のよう。

 

かと思えば、バットマンのようなアメコミダークヒーローだし、なんとなくグリーンホーネット風で、なのに、え?ターミネーター?みたいな悪役出てくるし、最終的においおいどこのワイルドバンチだよ!みたいな感じもありましたw

 

見る限り制作予算が少なかったのはわかるのですが、ホン・ギルドン役のイ・ジェフンや悪役のキム・ソンギュン、子役らの配役はハマっていました。期待した感じと違ったのですが、まるっと楽しめる映画でしたよ。シリーズ化されないかなぁ。

 

 

探偵ホン・ギルドン [DVD]

探偵ホン・ギルドン [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

ディレクターズカット ワイルドバンチ 特別版 [DVD]

ディレクターズカット ワイルドバンチ 特別版 [DVD]