読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、セチガラ山より。

- boobyn's blog - boobyn とか ブービン とか 津田啓夢 とか Hiromu Tsuda な人のアレ

Blog @narumi に載った! この認められた気分を伝えるとともに、魅惑のトロたくについてまだ語りたい

食事関連

f:id:boobyn:20140622011022p:plain

 

すごく嬉しいことが! あの @narumi さんのブログが僕のトロたく記事を紹介してくれました。自分の好きなものを誰かが認めてくれるって嬉しいですよね。

 

トロたくの魔力 : Blog @narumi

 

トロたくの素晴らしいところは、高級なお店でなくても美味しいことなんです。仮ににぎり寿司で食べるとしたら、脂のくどさが気になったり、たくあんと刺身がバラバラになったりしそうな具材ですよね。でもそれが海苔で巻いて1つになるだけで、ツマミに最高な逸品になるんです。

 

 

 

海苔って注目されにくい具材ですけど、日本の料理にかかせない名脇役です。磯の香りが苦手な方もいるかもしれませんが、食材を包むだけで手軽になるし、風味付けもできるし、包んだ食材を際立たせてくれます。

 

たとえば下の写真はイクラと鮭、カレイのエンガワ、甘エビ、カニとカニ味噌、数の子といった大物俳優たちです。もちろん、彼らはそれぞれピンで活躍できる器なのですが、こうした具材を続けて食べると必ずどこかで休憩したくなりますよね。ただ海苔で具材を包むだけで休憩が必要なしでイケるのが海苔のすごいところです。お酒が進みますよ。

 

 

つづいて貝ヒモです。それ自体コリコリとして貝よりも美味しい説があるヒモですが、彼にもクセが強いという特徴であり弱点があります。軍艦でいただくことで寿司としての身崩れを防ぎつつ、貝ヒモ特有のクセをチラしてくれる海苔のユーティリティぶり。香りで抑え込もうとするワサビさえも味方につける海苔のすごさを忘れないでください。

 

 

 

僕は普段、回るお寿司ばかりです。そのため、ごくごくたまに入れるカウンターのお寿司で「あの店、寿司が止まって見えた」とつい漏らしてしまいがちですが、回るお寿司でもトロたくはヤバいです。そして、回るお寿司でも海苔を意識すると、わりとヤバいと思います。

 

Hanako FOR MEN vol.11 寿司デビュー! (マガジンハウスムック)

Hanako FOR MEN vol.11 寿司デビュー! (マガジンハウスムック)