前略、セチガラ山より。

- boobyn's blog - boobyn とか ブービン とか 津田啓夢 とか Hiromu Tsuda な人のアレ

クレイジーな人がたちいる、という伝説のCM。我々はそこで立ち止まるべきじゃない。凡才の身捨つる覚悟

http://miil.me/p/4nwtp

大晦日も21時をまわり、最後の動画があがって2014年の仕事が終わりました。最初に言っておきますが、酔っ払っています。

昨年、11年いたインプレスから転職し、今年は丸一年新しい媒体に関わり本当の意味で真価が問われる年となりました。勝負をかけないといけない年で、たくさんチャレンジしてたくさん失敗してたくさん凹みました。でも、死なずにすんだ。死なずに、朽ちることなくなんとか生きています。今年、ずっと心にとめていた言葉は、

Maybe they have to be crazy.
(たぶん、彼らはいかれずにはいられなかったんだ。)

です。アップルの伝説のスローガン Think different に関連する言葉です。

http://miil.me/p/4llvm


歴史に残る天才たち、異能の人間達がそうせざるをえなかったにせよ、彼らがあと1歩前に進んだことで世界は変わりました。ならば、自分を含めたほとんどの凡才があと1歩進むことさえしないのは、歴史に、今の世の中に、とてつもなく失礼なきがしました。

天才イチローが120%の努力をしているのに、凡才がそれより努力していないのは、生き物としては間違っているのではないか。Maybe they have to be crazy. 天才の彼らはそれで成功したが、僕らがそれで成功することはほとんどない。でも、その先に行こうとしなきゃ、クレイジーな天才たちに失礼ではないか、死んだって凡才、影響なんてほとんどありません。

http://miil.me/p/4qmc2

ダメでも徹底的にブルーカラーでいようと思いました。1年、死なずに生きたことで、このままいけば来年もある。とくに今年はブラック社員と言われていますが、残念ながら僕は、死んだ気になって働いたって天才には叶わない。けれど、だからって死ぬ気で働かなくていいってことじゃない。どうやら明日がありそうだ。とてもありがたいことです。

最後に、Think different の広告で有名な言葉を置きます。この言葉で天才としてふるまうのもいいかもしれない。けれど自分は天才じゃないから、少なくとも敬意をはらい失礼がないよう命をかけたい。そう思ってながめると、すごい言葉だと思います。


クレージーな人たちがいる
はみ出し者、反逆者、厄介者と呼ばれる人達
四角い穴に 丸い杭を打ち込む様に
物事をまるで違う目で見る人達

彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない

彼らの言葉に心を打たれる人がいる
反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる
しかし 彼らを無視することは誰にも出来ない
何故なら、彼らは物事を変えたからだ

彼らは人間を前進させた

彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う
自分が世界を変えられると本気で信じる人達こそが
本当に世界を変えているのだから


Appleの伝説のCM『クレイジーな人達がいる』 - YouTube