前略、セチガラ山より。

- boobyn's blog - boobyn とか ブービン とか 津田啓夢 とか Hiromu Tsuda な人のアレ

映画『タイピスト!』:早打ちスポ根ロマンティック・コメディ小気味よし、それでもフランスは愛に生きる

ラストのセリフ「アメリカ人はビジネス、フランス人は愛」が、とても清々しいフランス映画です。公開は2012年。

タイピスト! DVDコレクターズ・エディション (初回限定生産)

舞台は1950年代のフランス北部。言葉だけ聞いても想像つきにくいのですが、物語はタイプライターの早打ち大会で世界一を目指す、保険屋の男と田舎出の若い娘のスポ根&シンデレラストーリーです。設定は不思議ですが、テンポよく進展する感じは今の映画といった感じ。

1900年中頃の映画へのオマージュを強く感じる本作。そもそも物語の形もオードリー・ヘプバーンの『マイ・フェア・レディ』をベースにしているんじゃないでしょうか。ロマンティック・コメディの定番の流れを踏襲しています。フランスのポップなカラーが映画を可愛らしく仕立てています。

マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

出演女優陣が好みだったので、キャスティングの方と酒が飲みたくなりましたw 主演はベルギーのデボラ・フランソワ、田舎臭くて一途な娘を可愛らしく演じています。保険屋の男の幼なじみで昔の恋人役にベレニス・ベジョ、この女優さんも男を優しく包むよい雰囲気でした。

映画でいえば『地下鉄のザジ』『シェルブールの雨傘』『麗しのサブリナ』『スウィングガールズ』『チャーリーとチョコレート工場』『ラブ・アクチュアリー』『恋愛睡眠のすすめ』あたりが好きだときっと楽しいはず。

カルチャーでいえば、フランスギャルとかシルヴィ・バルタンなど、フレンチポップとその周辺の雰囲気が好きな人にもオススメです。