読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、セチガラ山より。

- boobyn's blog - boobyn とか ブービン とか 津田啓夢 とか Hiromu Tsuda な人のアレ

靴下のあきらめ時

アラフォーなのに、靴下を捨てるタイミングがわかりません。いっそ穴でも空いてくれたらと思うのですが、なかなか思うように空いてもくれませんよね。なにか決まりを作って処分しているものでしょうか。

http://www.flickr.com/photos/57497757@N05/15184872646
photo by Beryl_snw


「好きじゃないなら早く私のことふってよ!」と言われ「うーん(好きじゃないわけでもない。。。のだが、はて困ったな)」と、急にせまられた決断を決めかねている感覚。少しゴムのゆるんだ靴下を脱ぎながら、そんなことを思います。

たいていの場合「キミを不安にさせてごめんよ」とはぐらかし、洗濯かごに放り込んでいます。ですが、決断をせまる靴下は彼女だけではないんです。このまま関係を続けるのか、関係を清算するのか、全人類の悩ましい問題です。

http://www.flickr.com/photos/14841234@N02/4379631606
photo by justmakeit


同じような悩みは皆さんお持ちのようです。ちょっと安心しました。

女性が全員読んでいることでお馴染みの日経ウーマンでは、下着の捨て時を温泉やジムに着ていくのをためらうようならとしています。

もっとも、捨てちゃえばそれはそれですっきりするのですが、なにかこう、いつもふいに決断にせまられる気がして、決断力のない自分はモヤるのです。とりあえず新しい靴下買ってくるかな。

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)

新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)

広告を非表示にする