読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前略、セチガラ山より。

- boobyn's blog - boobyn とか ブービン とか 津田啓夢 とか Hiromu Tsuda な人のアレ

伝え方を考える

http://www.flickr.com/photos/52816188@N00/5499051782
photo by katska


毎度同じようなことばかり言ってキモくて申し訳ありません。友達がいないので仕事ぐらいしかメールがこないんです。今回はまたPR周りのこと。


PRさんからのメールに、

ご興味が無くても、一度は見ていただきたい内容となっております。

とありました。

率直に言って、興味ないんじゃ見る人いない、と思いました。もちろん内容は見ていません。

同じことを伝えるのに、伝え方や状況によってその後が変わることがあります。

http://www.flickr.com/photos/12600575@N07/3133674542
photo by jenniferlisa


例えばですが、

懇意にしている方や尊敬している方から同じように言われたら見ると思います。

そういう関係を築いているなら、このメールに思うところはありません。けど、築いてないんだ、パブリックリレーションの人なのに。


関係性によってPRって成立するんだと思ってます。同じ内容でも受け取り方が違うように、同じネタでもメディアによってアプローチ変えなきゃ、届かないんじゃないかなと思います。

もしかしてそれは大変なことかもしれないけど、それは普段みんながやっていることでもあります。


彼氏彼女に、友人知人に、両親に、祖父母に、ご近所に、先輩後輩に、子供に、孫に、初対面の人に。

人は相手に合わせて伝え方を変えます。目的が伝わることにあるなら、そうするしかないからです。

編集者の自分が、読み手や視聴者に伝わる形を毎日考えているように、PRの人がメディアの人に届くように考えるのは当たり前じゃないでしょうか。PRの手法でも良い事例でもなんでもなく、コミュニケーションってそもそもそういうもんなんじゃないのかな、と思うんです。

http://www.flickr.com/photos/90041784@N00/4423739987
photo by yuiseki


なんだか小さなことでグチグチめんどくせーし、意識高い臭にヘドが出そうな説教エントリーです。知ってますw 自分でも嫌気がさしてきたので、このエントリーの締めくくりに通学時によく歌っていたオリジナル曲をお届けします。


うんこチンチン、うんこチンチン、世界まるだしハウマッチンチン
うんこチンチン、うんこチンチン、世界まるだしハウマッチンチン

ありがとうございました!

広告を非表示にする